浜松 浜松エステ エステ 小顔 彫刻美容 コルギ

コルギサロン chéri

静岡県浜松市のコルギサロン chéri オーナーのユイナです♡

国際ライセンス取得への道程 1

 

令和元年 5月8日

 

 

universal beauty stylist

彫刻美容

国際ビューティースタイリスト1級

I.T.U.トラディショナルセラピスト1級

 

の、資格を取り

30歳で

彫刻美容(スカルプチュア、ビューティー)の

サロンを開くと決めた。

 

彫刻美容とは、

彫刻のように美しく磨ぎ澄ます、

整形したような美しさをつくりあげる

トリートメント。

幸運をもたらす深い煌めきと、

強い意志を持つ顔立ちへと導く美容である。

 

 

 

 

 

 

保育士を辞めてから、

やってみたいな。やりたいな。と

思うことは今までもそれなりにあって、

ただ、気づいたら行動してた。みたいな

感覚にまではいけていなかった。

 

感覚人間の私にとって、

悩んでるものって結局は、

悩めるくらいの余力を残させてるって

ことだから、

どうしてもやりたいことではない。

いまは、必要ない。

の思考になる。

 

ただ、今回の場合は、

 

 

やりたいな。

 

そう思った当日

気づいたら資料請求していた。

 

とはいうものの、

地に足はつけていないと生活出来ないし、

曖昧な目的で、とりあえずとか、

勢いのまま行動するのは

違うと思うから、

ノートに自分のプランを書き出し、

ピラミッドの頂点

30歳で開業。を決め、

そこから逆算して、

やるべき事を書き出した。

 

 

そしてそのまま資料を受け取った次の日の

仕事の休憩中にスクールに申し込みし、

 

 

そのまま入校。

毎週日曜19時〜は1人時間だから

その時間にスクールに通うことにした。

 

 

必ず成功させるという

自分の可能性を信じて、自分に託してみた。

 

 

お金がないなら働けばいいから、

今の人生と自分を変えるには

多少のリスクがあったとしても

行動することに意味があると思うから、

 

新しいことに挑戦しようと思う。

 

 

 

 

 

前よりも上を向いて生きよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自動車の自己主張の話

先日これでもかと言う程の

愛車の自己主張を目の当たりにした。

 

あんな経験はもう2度とできない。

いや、2度としたくない。という

表現が正しいであろう。

 

 

 

 

 

 

新生活が始まり、

目紛しい日々が続いていたある日。

 

息子を保育園に送り、

いつものように慌ただしく会社へ向かった。 

 

会社までは市を跨ぐこともあり、

運転時間がとても長い。

日焼けをしたくない私は、

常に日除けグッズを

1番手が届きやすいメーターなどが

表示されている、前方の小スペースに

置き散らかしている。

そう。

その日も絶好調に置き散らかしていた。

 

 

通勤距離が3分の2に差し掛かった時、

車の調子がおかしい事に気付いた。

 

 

 

ついにこの車も潮時かあ。

もう長いもんなあ。

 

 

 

 

アクセル踏んでも全然すすまないし、

そろそろお別れかなあと

しみじみしていた。

 

 

 

 

 

 

 

いや、待てよ。

 

     

 

 

 

 

 

私は気付いた。

 

 

 

 

 

 

 

これはもはや、アクセルの意味がないくらい

進んでいないという事に。

 

 

 

 

 

 

進むとかじゃない、

これはもはや車界の徒歩だ。

 

 

 

 

これはただの調子が悪い。

ではないぞ。と。

 

 

今思えば

その時の体感速度は15㎞位。

 

 

 

 

つまり、

止まる寸前である。

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに慌てた私は、

鬼の形相で前方の小スペースに

置き散らかしている日除けグッズを

どかした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに映し出されたのは

まるで点字を打ってるかのような、

見たことのない速さで点滅する

ガソリンランプ。

 

 

 

 

 

どうやら

ガソリンがないようだ。

 

 

 

 

 

目紛しい日々の中で

ガソリンを入れるという行為を

忘れていたようだ。(あほ)

 

 

 

 

体感速度3㎞に差し掛かった私は

ハザードランプを点灯させ、

抜かしていく車に深々と会釈をしながら、

かろうじて見つけた空き地に車を停止させた。

 

 

 

 

車屋を通じて

ロードサービスを呼び、

ガソリンを届けてもらう事になった。

 

 

 

 

もうこれから

道端で車が停まっていても

許せる心を手に入れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到着したロードサービスの

おじさんと挨拶とお礼を交わし、

給油口の蓋を開け

まるでラーメン屋がお冷やを注ぐかのように

手慣れた手つきでガソリンを補給し、

動かなくなった車と私の顔を見て、

おじさんは、研ぎ澄まされた笑顔で

こう言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、寒かったり暑かったりで

なかなか安定しない気温だねえ〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も日本は平和です。

 

生活レベルの向上

 

 

最近

生活レベルが1上がった。

 

 

 

 

 

 

 

遂に

 

 

 

 

 

眼鏡を手に入れたのだ。

 

 

 

 

 

日々

寒さをしのぐために

パーカーのフードを被り

背中を丸め体育座りをして

夜を過ごしているのだが、

 

そこに眼鏡が加わり

29歳手前

いよいよ本格的にやべえやつに

仕上がってきている。

 

 

 

そして

頬肉の過剰な膨らみが

笑うたびに眼鏡を

前に押し出してしまって

いるのかなんなのか、

10秒に1回くらい眼鏡を直しているが、

視界良好で毎日ご機嫌である。

 

 

今日なんかは

化粧もせず

1日眼鏡で過ごしてしまったりなんか

しちゃったりして。

 

 

 

いまこの場所から

左手を指先まで伸ばした距離に

食べかけのハーゲンダッツがあるが

原材料名まで

ばっちり読めちゃったりなんか

しちゃったりして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良き年末。

 

 

 

そんな感じー。